不眠症にもいくつかの種類がある | 不眠に苦しむあなたのための睡眠改善徹底ガイド


不眠症に悩む多くの人へ。
不眠症の仕組みを知り、良い睡眠を得るために
知っておきたいことなどを分かりやすく紹介しています。

不眠症にもいくつかの種類がある

ひとまとめに「不眠症」と言っても、種類分けができます。

一番多くの不眠症の人が悩んでいるとされるのが、入眠時。
なかなか寝付けないというのが症状です。子どもの時から寝付きが悪いから気にならないという方もいますが、一般的に30分〜1時間以上かけても眠れない場合は入眠障害となります。

次に熟睡障害。
眠りが浅く、十分に睡眠時間は足りているのに、疲れがとれきれていないような感じになったり、起きていてもボーっとしてしまうことが多くなり仕事などに支障をきたしてしまいます。

中途覚醒という種類もあります。
寝ている間に何度も目が覚めてしまうことです。中高年にこの症状で悩みを抱えている人が多く、寝ている間に2回以上目が覚めてしまうことがあれば、中途覚醒となります。また入眠障害と併発してしまうことがあり、注意したい症状です。

最後に早期覚醒。
寝付きもよく、中途覚醒などもないのに、早期覚醒と言って起床時間が早く目がさめてしまいそれ以降眠ることができない状態のことを言います。体はまだ寝たいと思っていても、交感神経が高ぶってしまい眠ることができなくなります。

この様に不眠症は種類分けすることができますが、どれも単発で起こる原因ではなく、入眠障害と中途覚醒が併発したり、中途覚醒と早期覚醒が併発してしまう・・など様々なパターンがあり、その内容は個人差もあります。一概に言えませんが、1ヶ月以上にわたって睡眠になんらかの問題があると感じているのであれば、専門医などに相談するようにしてください。

不眠症を知る
不眠症対策
不眠症の改善
不眠症にもいくつかの種類がある
New!
不眠症は実は違いがあるんです!
不眠症のいくつかの種類について
分かりやすく紹介!

睡眠ホルモンのメラトニンって?
PicKup
睡眠を司っているのはコレ!
睡眠ホルモン、メラトニンについて
分かりやすく解説!

サプリメントでも不眠症対策が出来る
Point
睡眠を改善するサプリメントって
本当にいいの?不眠症対策に
関してのサプリメントの効果とは?